A.R.ラフマーンを語る・2

ARR Talk 2

「A.R.ラフマーンを語る・2」

日時:2009年6月27日(土) 17:00開場/17:30開演
場所:Raya Sakuraya
横浜市保土ヶ谷区瀬戸ヶ谷町2
(※横浜からJR横須賀線・湘南新宿ラインで一駅「保土ヶ谷」駅。東口から徒歩5分)

出演:
アダルシュ・ヴィノード、矢萩多聞
参加費:1200円(1ドリンク+スナック付き) ※要予約。定員30名まで。

問い合わせ:
ラフマーンファンクラブ日本 info@indo.to
Raya Sakuraya info@raya-sakuraya.com

インドが世界に誇るミュージシャン=A.R.ラフマーン。
90年初頭の衝撃的なデヴュー以来ヒットメーカーとして、
20年近くインド映画音楽界のトップを走り続けてきた天才作曲家。
彼なしに現代インドの映画も音楽も語ることはできません。

現在までの累計売り上げCDはなんと3億枚超。
「世界で最も売れているミュージシャン」のトップ10にランクイン。
今年は映画「スラムドック$ミリオネア」で、
オスカー、英アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など
数々の映画作曲賞を総なめしました。

そんなラフマーンについて、音楽や映像を見ながら、
とことん語り尽くすトークイベント「A.R.ラフマーンを語る」。
第一回渋谷でのイベントの好評をうけて、はやくも第二回を開催します。
今回は、インド人留学生アダルシュ・ヴィノードさんをお招きし、
ラフマーンファンクラブ日本代表の矢萩多聞とトーク。

アダルシュさんは、1986年ケーララ州生まれ。
彼は高校生のとき、日本に留学していました。
さびしいときも、たのしいときも、
インドの家族や、日本の友だちを想うときも、
きっと、いつもそばにラフマーンの音楽が鳴っていたはず。
ラフマーンとの出会いから、この一曲に救われた! 元気づけられた! など、
思い出のエピソードまで、いろいろな話ができたら、と考えています。

ちなみにアダルシュさんは、かなり日本語が達者で
標準語はもちろん、関西弁・名古屋弁なども使いこなす強者。
いまは、日本の大学で映像の勉強をしているので、
映画話もいろいろできるかな、と楽しみです。

イベントの予約はこちらから