イベント「南インド映画を観よう、語ろう」

ASIFO01RE

LINE3

ASIFO02

人気の南インド映画ブログ「カーヴェリ川長治の南インド映画日記」でおなじみ
アシュヴァッターマンさんが来日。星の数ほどある2009年作品のなかから、
彼がイチオシする南インド映画「Arundhati」を上映。みんなで試写します。
また、上映後、タミル映画ファンのむんむんさん、
マラヤーラム映画に詳しい週一リピーターさん、
テルグ映画に目のない矢萩多聞など、
ネットで有名な南インド映画愛好家たちを交え、
ちょっとディープな南インド映画話に花を咲かせます。
マニアックなファンはもちろん、南インド映画ビギナーの方も大歓迎です。

●「南インド映画を観よう、語ろう」
ASIFO (All South Indian Film Off) Vol.2

日時:2010年1月10日(日) 13:30開場/14:00~
第一部 14:00~ 映画「アルンダティ」試写
第二部 16:30~ 南インド映画を語る
第三部 19:00~ アシュヴァッターマンさんを囲む新年会(於・横浜)

会場:Raya Sakuraya
横浜市保土ヶ谷区瀬戸ヶ谷町2 [→アクセス]
※JR横須賀線・新宿湘南ライン「保土ヶ谷駅」下車徒歩4分。

参加費:第一部+第二部 500円(ドリンク付き)
第三部 予算1人3500~4000円ほど
※映画会のみ、あるいは新年会のみの参加も可能です。

ご予約はこちらのページからお願いいたします
新年会も参加する方は予約ページの備考欄にその旨の記入をお願いします。

LINE3

映画「Arundhati」を観よう

14:00~

アシュヴァッターマンさんが今回のイベントのために選んでくれたのは
2009年に大ヒットしたテルグ映画「アルンダティ(Arundhati)」。

arundhati

アルンダティ(Arundhati)
監督:コディ・ラーマクリシュナ 脚本:チンタパリ・ラマナ 音楽:コティ
出演:アヌシュカ・シェッティー、ソーヌー・スード、ディーパクほか
(テルグ語 / カラー/ 2009年作品 / 英語字幕)

王家の末裔の娘アルンダティは結婚の準備のため、
故郷の屋敷を訪れ、祖父や年老いたメイドたちとひさびさに再会する。
この屋敷の近く、小高い丘の上に無人の古い宮殿があったが、
深夜にそこを訪れた彼女はおぞましく不気味な体験をする。
そのことを聞いた年老いたメイドは過去のいまわしき事件と、
「もう一人のアルンダティ」について語りはじめるのだった……。

近頃のインドは北も南もホラー映画が人気。しかし、この映画はホラーというジャンルには
収まりきらない鮮烈なほとばしりがある。南インドのホラー&ファンタジー映画の傑作!

●「カーヴェリ川長治の南インド映画日記」のレヴュー
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200902/article_3.html

●予告編

LINE3

南インド映画を語ろう

16:30~

アシュヴァッターマン、むんむん、週一リピーター、矢萩多聞が南インド映画について語る。
テルグ映画「アルンダティ」について、ここ数年で観た映画のなかで特に好きな作品ついて、
大いに語り合います。また、南インド映画に関する疑問にお答えします。

ゲストスピーカーの紹介

アシュヴァッターマン
バンガロール在住。98年より同地の日系企業に勤めるサラリーマン。ろくに言葉も分からないくせに、週末は必ずどこかの映画館に現れ、泣いたり怒ったりしている、かなりビョーキなインド映画ファンです。特技はカンナダ映画を観てぼやくこと。
カーヴェリ川長治の南インド映画日記

むんむん
東京都在住。98年の「ムトゥ踊るマハラジャ」日本ロードショー以来、タミルを中心にインド映画にぞっこんな会社員。ラジニカーント、ヴィジャイの新作ロードショーに合わせて、インドかタミル映画を上映している国にお出かけすることが多い。
インド映画に首ったけ~MUNMUN’s Home Page

週一リピーター
東京都在住。南インド映画全般に目配りをするのが目標だが、(日本では)自分が見なけりゃ他に誰が見るという状況から、ほだされたかたちでマラヤーラム映画をやたらと潰すことに。南インド映画鑑賞以外の趣味は、南インド映画のロケ地めぐり。
Priyan News & Gossips

矢萩多聞
横浜在住。インドを愛する画家・装丁家。バンガロールに家を借り、ここ10年ほど南インド映画をボーダレスにつぶさに見守ってきたが、元々はテルグ映画が大好き。夢はA.R.ラフマーンのライブを日本で実現させること。
日印ポータルindo.to / A.R.ラフマーン・ファンクラブ日本 / Tamonolog 矢萩多聞の世界

arundhati-wallpaper

LINE3

2010年は南インド映画で幕開く

19:00~

普段はバンガロールで暮らしているアシュヴァッターマンさんを囲んで、南インド映画ファンの新年会を行います。場所はまだ未定ですが、横浜か桜木町近辺になります。(予算は一人4000円ほど)
こちらに参加する方は、新年会参加希望の旨を、イベント予約ページかメールにてお知らせください。

LINE3

お問い合わせ

主催: ASIFO (全南インド映画オフ)
協力: Raya Sakuraya、Indo.to / Am Creation、mixiタミル映画テルグ映画マラヤーラム映画カンナダ映画コミュニティ
メールでのお問い合わせ: info@raya-sakuraya.com
電話でのお問い合わせ: 050-5532-3332

ご予約はこちらのページからお願いいたします
新年会も参加する方は予約ページの備考欄にその旨の記入をお願いします。

◎なお、この催しは映画の上映を目的したものではなく、インド文化の理解のために
参考資料として映画の一部を試写するものです。参加費は飲食代としていただくもので、
上映から利益を得るものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です